ブレーキキャリパーの開き。

atari

ブレーキキャリパーの開きについて

 

ブレーキのトラブルの中でも多く耳にするのが「キャリパーが開いた」という事ではないでしょうか?
言葉のとおり、本来ローターと並行になっていないといけないキャリパーが、経年劣化などによってハの字に開いてしまう事を言います。

 

キャリパーが開いてしまうと、パッドがローターの外周部分にしか当たらなくなるので良い事ではありません。
直径方向の寸法が50mmあるパッド(D50パッド)で、もしローターの外周方向20mmしか当たらないとすると、D20のパッドを使っているのと同じ事ですから、制動力も下がりますし、何よりもフェードしやすくなってしまいます。

 

キャリパーの開きによる弊害は下記のような事が考えられ危険です。
・ブレーキの効きが落ちてしまう。
・ブレーキがフェードしやすくなってしまう。
・パッドの温度が上下しやすくなりジャダーなどが出てしまう。

 

キャリパーの開きの判断としては、写真のようにローターの外周と内周方向で当たり方が違う場合はほぼ開いています。
また、パッドの外周方向と内周方向の残量を測定し、0.5mm以上残量が違っていてもNGに思います。

 

また、極端に剛性の低いキャリパーは、ブレーキをかけた瞬間に開き緩めると元に戻るので、踏みはじめに空走感が強く、ペダルから足を離してもブレーキを引きずります。
この様なキャリパーで正確なブレーキコントロールは不可能なので、交換をご検討なさった方が良いと思います。

ブレーキの前後バランスとABSの介入。

550-1
ブレーキの前後バランスの重要性について

ブレーキの前後バランスは極めて重要で、著しくバランスを崩すと極めて早くブレーキがロックしてしまうようになります。
ブレーキをよく効くようにしようと前だけ大型ブレーキに交換するケースがありますが、バランスを考えないと、すぐにロックしせっかくブレーキを大型化したのに、むしろ制動距離は伸びてしまうと言う事も大いにあります。

 

最近、ネットや雑誌を見ていると、 前後バランスが取れていない状態で走っているにも関わらず、大きな問題になっていないように書かれている事がありますが、これらのケースは、ABSがロックを検知し油圧を下げているから、なんとか成り立っているのですが、もしABS未装着の車両でしたら、間違いなく早期ロックをして頭を悩ます事になると思います。

 

では、ABS装着車両ならその状態でも問題ないのではないか?とお考えかもしれませんが、ABSは油圧を下げてロック状態を解消しますから、例えて言うとロック状態にある車輪はブレーキを軽く踏んでいるのと同じ状態なので、ブレーキの性能を引き出せていないのです。

 

フルブレーキをしながらABSが介入すると、加速とまでは言いませんが空走するような感じがあるのは、ブレーキの効きが落ちているからなのです。

 

また、ブレーキの油圧を下げるという事は、クラッチで言うと半クラッチで走り続けるようなものなので、ブレーキ温度がどんどん上昇してしまいフェード、ペーパーロック、ローターやパッドの異常摩耗につながります。

 

これらの事から、ブレーキの前後バランスをキャリパーやローターの選択段階で適正化しておく事が極めて重要で、安易なブレーキチューンは逆効果となるばかりか、時には危険でさえあるのです。

 

前後バランスに関して他社製品でも私たちで分かる事であれば、出来る限りお答えいたしますので、お悩みの方はご相談ください。

MINI ジョン・クーパー・ワークス GP用軽量ローター

MINI-330-27-for-GP-554
JCW GPにさらなるこだわりを追加。

GTカー、フォーミュラーカーにも採用実績のある、ガーランドレーシングローターの「JCW GP用」がラインナップに加わりました。
純正採用されているローターは、1ピースタイプと言ってローター全部が摩耗材の鋳鉄で作られていますが、
ガーランドレーシングローターは、パッドが当たる摩擦材部分は鋳鉄、それ以外の部分は超々ジュラルミンとする事と、ローター部分の材質、構造の見直しをする事で、ノーマルと比較し1枚あたり2kg以上の軽量化を達成しています。
また、ローターとセンターベルハウジングとの結合部分をフローティング構造とする事で、大幅なペダルフィーリングの向上を達成しています。

 

特筆ポイント!
・2ピース構造により軽量です。
・ローター部は、効率的に温度を下げる事が出来るカーブベンチタイプを採用しました。
・ローター部の材質、構造を追及する事で、ローター部分もノーマルより軽量に仕上がっています。
・センターベルハウジングは、超々ジュラルミンを採用し、軽く、高剛性に仕上がっています。
・カーブタイプスリットは、パッドの削りかすを効果的に排出し、利きとフィーリングの向上を果たしています。
・ローターとセンターベルハウジングの結合は、フローティングタイプとし、大幅なペダルフィールの向上を果たしています。
・異音防止装置を組み込む事でフローティングの異音を低減しています。
・センターベルハウジングは、黒、赤、青、硬質アルマイトからお選びいただけます。

 

MINI R56型 ジョン・クーパー・ワークス GP用
軽量フロントローター

¥158,000(税抜き、左右セット)

 

レクサス NX300h用ブレーキキットを発売いたします。

 

DSC_8150

快速SUVには信頼性の高いブレーキが必需品。

 

レクサスNX300hは、都会的なスタイリングとキビキビ走る走行性能で人気のSUVです。
しかし、1800kgにもなる巨体を、どんな時でも確実に止めるには純正ブレーキは少々性能不足と言えます。

 

スタイリッシュなSUVに合わせて、フロント用としてストリート重視のワールドラディカル4POTをチョイスいたしました。

 

組み合わせるローターは、おなじみガーランドの軽量2ピースローターの355mmとしました。
リアはノーマルキャリパーを使用し、ローターを315mmまで大型化するビックローターキットをご用意し、前後バランスの悪化を防いでいます。

 


 

 

フロント
APレーシング ワールドラディカル4POT:435000円(税抜き)
(キャリパー、2ピースローター、パッド、ブラケットのセット)

 

リア
ガーランド ビックローターキット:175000円(税抜き)
(ローター、ブラケットのセット)

 

NX300-800

ブレーキの効き方について

 

DSC_3170

ブレーキの効き方で制動距離が変わる。

 

ブレーキキャリパーを交換すると「効き」が変わる事は想像されると思いますが、「効き方」も変わると言う事を想像される方は少ないように思います。
しかし、ブレーキが効くのはある意味当たり前で、それが社外品やレース向けのものであれば、純正よりも効きが良くなって当然です。

 

それ以上に重要なのが「効き方」だと私たちは考えています。

 

扱いやすさと言いかえると分かりやすいと思います。

 

例えば、ポルシェやGTRのブレーキを軽自動車に装着したとしたら、ブレーキをかけた途端にロックしてしまうのが想像していただけると思います。
この例えは極端ですが、ブレーキを強力にすると言う事は大なり小なり、上記のような事をすると言えますので効き方が重要になってきます。

 

上記の状況でロックすると感じるのは、制動力が急激に立ち上がると瞬間的に想像するからではないでしょうか?
もし、ゆっくりと制動力が立ち上がるなら、急激に制動力が立ち上がった際にロックした制動力を超えても、タイヤはグリップを保ち続けます。

 

柔らかい紙に消しゴムをかける時、ゆっくり丁寧にかけると思いますが、ブレーキもそれと同じようなイメージです。

 

ブレーキの効き方がリニアでコントロールしやすければ、ブレーキは制動力が高くてもロックせずに最適な制動力を発揮し続ける事が出来ますが、急激に制動力が立ち上がるとドライバーはロックを回避する事が出来ずに制動距離は延びてしまうのです。

 

つまり扱いやすくなければせっかくの制動力は使えないばかりか、制動距離は延びてしまうのです。

 

純正ブレーキや、最近の社外チューニング用ブレーキは下記の様な効き方をすると思います。
1.軽く踏むとほとんど効かない。
2.少し強く踏むとカクッと強く効く。
3.さらに強く無むとロックしABSが介入。

 

対して、APレーシングのキャリパーの効き方は、真綿を締めるように効くという比喩がそのままあてはまるような、リニアな効き方で下記のように効きます。
1.軽く踏むと軽く効く。
2.少し強く踏むと踏んだ分だけ強く効く。
3.ロックの限界が分かりやすく、ペダルをリリースするとすぐに制動力が戻る。

 

どちらが良いか?と問われたら、普通はAPレーシングが良いとお答えされると思いますが、それはこの様なHPをご覧くださる車好きの発想で、一般的なドライバーは、少し強く踏んだだけで強く効くブレーキが、よく効くブレーキと判断する傾向にあるので、一般的なブレーキ、社外のブレーキの多くはカックンブレーキとなっています。

 

一般的では無いが、スポーツ走行に適したブレーキを、APレーシングが頑なに作り続けているのです

APレーシング ワールドラディカル フロント用 4POTシステムキット

 

DSC_8150

大型ローターを許容する4POTキャリパー。

ホイールの大型化につれて、ブレーキローターも大型化の要求が高まっていますが、APレーシングはサーキット用途を重視し、レースレギュレーションを基にキャリパーのラインナップを行ってきたため、大型ローターに対応する4POTキャリパーのラインナップは手薄でしたが、このワールドラディカル4POTは380mmのローター径にも対応し、大型ローターを4POTキャリパーに組み合わせたいという、ご要望にお応えする事が出来ました。
また、最新鋭レースキャリパーを彷彿とさせるルックスは、ホイールの奥をのぞくたびに喜びがあふれてくるでしょう。

 

DSC_8183-554  APレーシングの現ラインナップで、380mmと言う大型ローターに対応する唯一の4POTキャリパーが、このワールドラディカル4POTになります。
先行販売されている6POTのワールドラディカルシリーズと違い、サーキットにおけるスポーツ走行を想定し、他のAPレーシング製キャリパーのように「効き方」を重視しており、初期タッチから最大制動までジワリと効き、APレーシング愛好家を満足させる事が出来ます。
ストリート走行をも重視しているため、ピストン全体を保護する「ダストブーツ」を装備し、サーキットだけではなくストリート走行に対応させています。もちろん、サーキット走行も十分にこなす性能を持っており、サーキットと一般道の両立を高次元で果たしています。
クラブマンレースユースではなく、ストリートカーで年数回のサーキット走行を楽しまれる方にお勧めのキャリパーと仕上がっています。
また、ルックスはAPレーシングの最新レース用を彷彿とさせ、とても格好良く仕上がっていると思います。
DSC_8180.jpg-554
200-150-garland キットに付属するローターは、多くのレースで使用されているガーランドレーシングローター。
343mm、355mm、365mm、380mmから、愛車の仕様に合わせて選択できるほか、特注サイズをオーダーする事も可能です。
カーブドベーン形状を採用し、ローターを強制空冷するために、一般的なストレートベーンと比較し大幅なローター温度の低下を実現しています。
JZX100-FRONT-380ROTOR-200 ローター表面には、パッドのクリーニング効果を発揮するために、カーブスリット加工を施しています。
スリット本数は12本を基本とし、パッドのうねり音を抑制しつつ、クリーニング効果を発揮しています。
特注で24本カーブ、レース用と同じカーブ+ディンプルの製作も可能です。お気軽にご相談ください。
私達のフロントブレーキローターは軽量を追求し、「2ピース」タイプのみを採用しています。
パッドとの接触面以外を、超超ジュラルミンで制作する事で、日産純正1ピースタイプと比較し、355mmサイズでは4kg以上もの軽量化を実現しています。
ローターとベルハウジングの結合には、フローティング構造を採用し、ペダルフィール向上に貢献しつつ、 独自の異音防止構造を採用しストリート走行も快適性を向上しています。
キャリパーを支持するブラケットは、ペダルフィールに大きな影響を及ぼすため、 私達は、最高クラスのジュラルミンを素材とすると共に、CAE解析を駆使し、軽量化と高い剛性を持つブラケットを作り上げました。
それは、製品版のみではく一品制作品も同じで、一切の妥協を排して製品を造り上げています。
ワールド・ラディカル 4POT システムキット キット価格
343mmローターキット 425,000円(税抜き)
355mmローターキット 435,000円(税抜き)
365mmローターキット 450,000円(税抜き)
380mmローターキット 475,000円(税抜き)
●製品構成
・APレーシング ワールド・ラディカル4POTキャリパー、ガーランド2ピースローター(ローター、ベルハット、フローティングボビン、固定用ボルト)、キャリパーサポートブラケット、フェロードDS2500パッド、その他ボルトナット類
キャリパー色は、赤と黒からご選択ください。
ラインナップ
メーカー 車種 型式 備考
BMW M135i F20 343mmキットは設定なし。
3シリーズ E90系 343mmキットは設定なし。
E46系 343mmキットは設定なし。
M3 E90系 343mmキットは設定なし。
E46系 343mmキットは設定なし。
AMG C63 343、355mmキットは設定なし。
SLK55
A45
TOYOTA マークX GRX133
86 ZN6
NISSAN スカイラインGTR R34
R33,R32
スカイライン V36
V35
R34
R33,R32
フェアレディZ Z34
Z33
MITSUBISHI ランサーエボ CZ4A 343mmキットは設定なし。
CT9A、CP9A
ギャランフォルティス CY,CW4A
SUBARU レガシィ BP,BH
WRX STI VAB
WRX S4 VAG
インプレッサ GRB,GVB
GDB
BRZ ZC6
ラインナップに無い車種もワンオフ製作可能です。お問い合わせください。

 

FC3S用 大型ブレーキローター

 

FC3S-FRONT-USE-FD17-CALIPER

FC3Sのブレーキをアップグレード

 

FC3S型RX7は、4POT対向キャリパーをフロントに装備し、当時としては先進的なブレーキシステムを誇っていましたが、今となっては少々非力と言わざるをえません。
そこで、前後のブレーキローターを大型化し、フロントにはFD3Sの17インチ使用キャリパーを流用するプランを思いつきました。

これならばFC3Sにとって十分な制動性能と言えますし、フロントローター厚はノーマルの22mm厚から32mm厚へと大幅に増加しますので、長時間のスポーツ走行に対しても余裕が出ています。

 

さらに2ピースローターとする事で、大型化による重量増加を最小限とする事が出来るので、軽快なハンドリングは維持する事が出来ます。

また、フロントはFD3Sの17インチ仕様、リアはノーマルキャリパー流用なので、前後ブレーキバランスを適正化するために、リアローターをフロントより大型化しています。
シャシーバランスが良いFC3Sですから、余裕を持ったブレーキを与える事で、まだまだ一線級のスポーツカーとして楽しむ事が出来ます。

 

フロント
2ピース 297mm-厚さ32mm (ノーマル276mm-厚さ22mm)

リア
2ピース 310mm-厚さ21mm (ノーマル273mm-厚さ20mm)

 

価格
フロント:148,000円 (左右セット税抜き)
リア  :145,000円 (左右セット税抜き、キャリパー移動ブラケット付き)

 

注意:フロントFD3S用キャリパーは別途ご用意ください。

FC3S-REAR-BIG-ROTOR-310

APレーシング PRO5000R 6POTシステムキット

DSC_8134

APレーシング渾身の力作

 

年々ハイパワー、ハイグリップ化する車両に適合させるために、APレーシングが満を持して投入したのが、このPRO5000Rキャリパーです。
各部を軽量するとともにCAE解析とテストを繰り返す事で、極めて高いキャリパー剛性と軽量化を実現しています。
APレーシングは、このプロ5000Rで多くのサーキットユーザーが求める全ての要求に高いレベルで応えています。

高い剛性を確保していると言う事は、ペダルからの油圧がキャリパーへ伝わった際に、キャリパーが開く事でロスする力が少なくなり、ペダルとキャリパーが一体になったような良いフィーリングを生み出します。
軽さはバネ下重量の低減に貢献する事で、タイヤのばたつきを防止ししっとりとしたステアリングフィールと、高いコーナリングスピードを生み出します。
凄く良いと言いきれる。この新型キャリパーはサーキット向けキャリパーの、新しい指針となりえるものです。

DSC_8219 あらかじめキャリパー形状に素材を鍛造することで、切削工程を大幅に削減しコストダウンに成功しています。
ローターの回転方向にわたって一体成型されたブリッジが、このキャリパーに高い剛性を与え、それにより更なる軽量化を達成する事が出来ました。380mm-36mm厚ローターに対応するキャリパーの中では、最軽量クラスとなっています。
使用するパッドはホイールの逃げや、発熱量に応じて25mm厚と18mm厚をご選択していただけます。
DSC_8232-554 ピストンのパッド接触面に切り欠きを入れる事で、走行風によるピストンの冷却を促進しています。
ピストン素材は耐高温性能に優れる特殊ステンレス素材となっており、サーキットでの連続走行にも十分対応できる仕様となっています。
また、ピストンを出来る限りローターの直径方向端面に接地する事で、他のキャリパーと比較し同じローターサイズでも効きが良くなっています。
ブレーキローターは軽量を追求し、「2ピース」タイプのみを採用しています。
パッドとの接触面以外を、超超ジュラルミンで制作する事で、1ピースタイプと比較し、日産355mm、AMG360mm等と比較し。1枚約4kgもの軽量化を実現しています。
ローターとベルハウジングの結合には、弊社レース向けローターと全く同じフローティング構造を採用し、ペダルフィール向上に一役かっています。また独自の構造で異音防止にも成功しています。
200-150-bracket キャリパーを支持するブラケットは、ペダルフィールに大きな影響を及ぼすため、重要な部品です。
私達は、最高クラスのジュラルミンを素材とすると共に、CAE解析を駆使し、軽量化と高い剛性を持つブラケットを作り上げています。
それは、製品版のみではく一品制作品も同じで、一切の妥協を排して製品を造り上げています。
PRO5000R 6POT システムキット キット価格
355mmローターキット 18mm厚パッド:550,000円(税抜き)
25mm厚パッド:595,000円(税抜き)
365mmローターキット 18mm厚パッド:570,000円(税抜き)
25mm厚パッド:615,000円(税抜き)
380,390mmローターキット 18mm厚パッド:595,000円(税抜き)
25mm厚パッド:640,000円(税抜き)
●製品構成
・APレーシング 鍛造 6POTキャリパー、ガーランド2ピースローター、ベルハット、フローティングボビン、キャリパーサポートブラケット、フェロードDS2500パッド、その他ボルトナット類
ラインナップ
メーカー 車種 型式 備考
PORSHE 911 GT3
993 RS、ターボも製作可能
964 RS、ターボも製作可能
AMG CC63 355mmは設定なし。
A45
BMW M3
E90,E92 355mmは設定なし。
E46
M5 E60 355、365mmは設定なし。
FERRARI F40
F355
F360
NISSAN GTR R35 380,390mmのみの設定。
スカイラインGTR R32,33、34
フェアレディZ Z34
Z33
TOYOTA マークX GRX133
86 ZN6
MITSUBISHI EVO CZ4A、CT系
SUBARU IMP GD,GRB
BRZ
ワンオフ制作も可能です。お問い合わせください。

 

APレーシング リア専用ワールドラディカル 4POTシステムキット

 

DSC_8150
柔軟なサイズに対応する事が出来るリア専用キャリパーキット

大型ローターの使用を前提に設計された「ワールド・ラディカル」シリーズに、リア専用キャリパーが誕生しました。
最大380mmのローター径に対応した事で、大型のフロントブレーキシステムに対し、バランスの良いリアのブレーキを設定する事が出来ます。また、ローターサイズを変更する自由度が広がる事で、お好みの前後バランスをもつブレーキシステムを構築しやすくなりました。前後のブレーキ設定につきましては都度ご相談くだされば出来る限りのアドバイスを差し上げます。
リアブレーキに最適な小さなピストンサイズとする事で、マスターシリンダーの交換を視野に入れなくても、良好なペダルフィール維持する事が出来ます。

DSC_8158 ワールド・ラディカルシリーズのリア専用キャリパーは、380mmの大型ローターを使用する事が出来るため、純正で大きなブレーキが搭載されている車両の、フロントブレーキを強化した際に、適切な効きのリアブレーキにする事が出来ます。
今までのAPレーシングのリア専用キャリパーは、355mm程度のローターまでしか対応しておらず、ノーマルマスターを使用したブレーキシステムを構築する際のボトルネックになっていたのです。
このキャリパーの登場により、大型ローターを使用したブレーキシステムを簡単に構成できるようになり、かつリア専用のピストンサイズによって「カチリ」としたブレーキフィールを維持したまま、リアブレーキの大幅な強化が可能となりました。
ストリートにも対応しており、オイルシールだけでなく、ピストンをも保護する「ダストブーツ」を装備していますので、メンテナンスサイクルをロングスパンで考える事が出来ます。
もちろん、サーキット走行も十分にこなす性能を持っており、一般道走行の両立を果たしています。
200-150-garland キットに付属するローターは、多くのレースで使用されているガーランドレーシングローター。
355mm、365mm、380mmから愛車の仕様に合わせて選択できるほか、特注サイズをオーダーする事も可能です。
カーブドベーン形状を採用し、ローターを強制空冷するために、一般的なストレートベーンと比較し大幅なローター温度の低下を実現しています。
JZX100-FRONT-380ROTOR-200 ローター表面には、パッドのクリーニング効果を発揮するために、カーブスリット加工を施しています。
スリット本数は12本を基本とし、パッドのうねり音を抑制しつつ、クリーニング効果を発揮しています。
特注で24本カーブ、レース用と同じカーブ+ディンプルの製作も可能です。お気軽にご相談ください。
私達のフロントブレーキローターは軽量を追求し、「2ピース」タイプのみを採用しています。
パッドとの接触面以外を、超超ジュラルミンで制作する事で、1ピースタイプと比較し、365mmサイズの場合は1.6kgもの軽量化を実現。(シミュレーション値)
ローターとベルハウジングの結合には、フローティング構造を採用し、ペダルフィール向上に一役かっています。
独自の異音防止構造を採用しストリート走行も快適です。
キャリパーを支持するブラケットは、ペダルフィールに大きな影響を及ぼすため、 私達は、最高クラスのジュラルミンを素材とすると共に、CAE解析を駆使し、軽量化と高い剛性を持つブラケットを作り上げました。
それは、製品版のみではく一品制作品も同じで、一切の妥協を排して製品を造り上げています。
ワールド・ラディカル リア専用 4POT システムキット キット価格
380mmローターキット 525,000円(税抜き)
365mmローターキット 490,000円(税抜き)
355mmローターキット 480,000円(税抜き)
●製品構成
・APレーシング ワールド・ラディカル4POTキャリパー、ガーランド3ピースローター(ローター、ベルハット、インナードラムリング、フローティングボビン、固定用ボルト)、キャリパーサポートブラケット、フェロードDS2500パッド、その他ボルトナット類
 キャリパー色は赤、黒からご選択ください。
ラインナップ
メーカー 車種 型式 備考
PORSHE
911 964
993
BMW M135i F20
3シリーズ  E90系
E46系
M4 F80
M3 F82系
E90系
E46系
AMG
C63
SLK55
A45
TOYOTA マークX GRX133
NISSAN GTR R35
スカイラインGTR R34
R33,R32
スカイライン V36
V35
R34
R33,R32
フェアレディZ Z34
Z33
MITSUBISHI EVO CZ4A
CT9A
SUBARU インプレッサ GRB,GVB
GDB
ラインナップに無い車種もワンオフ製作可能です。お問い合わせください。

 

ND5ロードスター用 ビックローターキット

315-ND-FRONT-BIG-ROTOR

NDロードスターにストッピングパワーを追加する。

 

NDロードスターのノーマルブレーキは、ほぼNAロードスターと同じ容量、構成となっており、使用するタイヤサイズを考えると少々不足気味だと思います。
効き、フィーリング、安定性能を求めると、すでに弊社よりリリース済みの「APレーシング 4POTブレーキキット」+「ガーランド リアビックローターキット」が優秀でお勧めなのですが、一時間程度のサーキット走行、およびレースに耐える性能と、コストを考慮しビックローターキットを設定する事としました。
キャリパーはノーマルを使用し、ブラケットを使用する事で大型ローターの使用が可能となるビックローターキットは、フィーリングや前後バランスはノーマルと同様で、効きだけが向上するため、スポーツ走行を愛する90%のドライバー達の要求を満たしていると私たちは考えています。
ローターサイズは315mmとノーマルの258mmから大幅に大径化していますが、ジュラルミンベルを持つ2ピース構造とし重量増を最低限に抑えています。

 

ND型ロードスター用ビックローターキット

フロント:ガーランドビックローターキット 315mm 158000円
リア  :ガーランドビックローターキット 315mm 145000円

 

2ピースローター、ブラケットのセット
ベルハウジング色は、シルバー、黒、赤、青からご選択いただけます。

 

nd-rear-550